徹底的な保湿ケアでにきびを改善させる

da101019s

大人にきびに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私も20代の後半頃から急激ににきびが増え始めました。私の場合は口の周りと顎に繰り返しできます。

なかなか治らずに跡が残ってしまうこともあるのでとても厄介です。コンシーラーやファンデーションでカバーしなければならないのでとても煩わしさを感じていました。

このままではどんどんにきびが増えて跡が色素沈着してシミになってしまうと思い、本格的にケアを始めることにしました。

大人にきびの原因は、肌の乾燥、偏った食生活による栄養不足、寝不足、運動不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどがありますが、私の場合は肌の乾燥が原因であるという自覚があったので、とにかく保湿ケアを徹底的に行いました。

 

肌が乾燥すると角質のバリア機能が低下してにきびができやすい環境になってしまいますし、ターンオーバーが乱れて肌の再生の速度が遅くなることでにきびが治りにくく跡が残ってしまうという問題も生じます。

ですので、洗顔後は角質を健やかな状態に保つためにピーリング剤やふき取り化粧水を使用して古い角質をしっかりとオフすることを心がけました。

この一手間を加えることで肌がとてもなめらかになるのでおすすめです。そして、化粧水をつける前にはブースターで肌の状態を整えています。化粧水の浸透力が格段にアップします。

週に1回くらいのペースでパックをしたり血流を促すためのマッサージをしたりもしています。

徹底的な保湿ケアにより肌の乾燥はなくなりましたしにきびも見事に改善されました。これからもにきびに負けないうるおいに満ちた肌づくりをしていこうと思います。

admin